岐阜県瑞浪の保険会社株式会社dii【ディー】のブログ  

TOPICS

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

SEARCH

OTHERS

MOBILE

qrcode
【続】任意保険の大切さ
CATEGORY:事故対応ブログ

対応の続きです。

対応の方針を決める上で、問題になったのが
おケガの対応です。 
通常、任意保険がかかっていれば保険会社がおケガの対応を
してくれるものですが、本件は両者とも任意保険がありません。


病院費を支払う際、通常は健康保険を使って窓口では三割負担
ですが、事故での健康保険使用にはそのケガが第三者によって
負傷したものであるという届出(第三者行為届)が必要です。
その方の職業によって、届出もちがってまいります。


一般的な健康保険の場合は健康保険組合
企業の組合の場合は組合健康保険窓口
公職の場合はそれぞれの共済組合
自衛官などは自衛官診療証


このような機関に提出し、医療機関にかかる診療の点数を
自由診療ではなく、健康保険を使った場合の点数に留める
必要があります。  これは、本件のように任意保険がない場合、
自賠責保険(強制保険)の傷害部分(120万円)が支払の限度
になるため、なるべく点数を少なくしないと、120万円を超える
部分については加害者の負担になってしまうのを防ぐ意味で
おこなっております。


しかし、この制度を使用するに当たっては、数々の抵抗が
あります。 本来、このようなことはあってはいけないのですが、
「相手が全部悪い事故なら、相手が支払えばよいのだから、
ウチの制度を使う必要は無い」などがその理由で、制度の
利用者が到底納得できない内容になっています。


我々は、被害者さんと一緒に制度を使わせてもらうようお願い
してきましたが、抵抗が激しく、なかなか上手くいきません。
しかし、このような大きな事故の場合、支払も大きくなることは
必至のため、加害者の経済的な負担も考慮に入れて進めないと
よい解決には至らないと考えております。


今日まで、被害者様と根気よく交渉を続けた結果、
制度を使えるように少しずつ動きはじめました。
これからも根気よく、対応していきたいと考えております。


また続きを記します。

記事一覧へ>>事故対応ブログ
関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック
問合せフォーム